身体に良い「お腹ねじり」で腸内環境の改善!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、私が勤めている会社の社内健康診断を受けてきました。
幸い、社内健康診断では大きな病気や異常は見つからなかったのでホッと安心出来たのですが、私が便秘がちである事を社内健康診断を担当してくださった内科医の先生にお伝えしてみた所、先生は「一日中デスクワークなどの座り仕事や立ちっぱなしの立ち仕事をしていると便秘になりやすいので、「お腹ねじり」運動をしてみてはいかがでしょうか」と身体をねじる「お腹ねじり」運動を教えてくださいました。
今回はその時に内科医の先生から教えていただいた「お腹ねじり」運動についてご説明をさせていただきます。

「お腹ねじり」運動はお腹を左右にねじるだけの簡単なエクササイズです。

手順としては、まず最初に「気をつけ」の姿勢で身体をまっすぐにした後、意気をゆっくりとはきながら右側に上半身全体をねじっていく動作を行い、最大にねじったポイントで5秒間ねじった状態を持続させます。
そして次に左側に同じように息をはきながら上半身全体をねじっていく動作を行い、最大にねじったポイントでねじった状態を5秒間ねじり、息を吸いながら元の位置へ上半身全体を戻します。
これを1セットとして、1回の体操で5セット連続して繰り返す事で、定まった位置でどっしりと動きがなかった大腸や小腸がねじれる事になり、便秘の改善につながる効果を期待出来ます。
5セット連続して行えばたった1分間で済む、身体に良い「ねじり運動」、便秘がちの方、運動不足でお悩みの方はぜひ始めてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加