徒歩帰宅で血液サラサラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一昨年の健康診断で初めて、血液の検査結果にCがつきました。。。LDLコレステロールが多くなってきていて、高脂血症の予備軍と診断されました。特別に脂っぽいものを食べていたりとか、暴飲暴食を繰り返すなどのことは一切なく、いたって健康的な生活をしていたのに、驚きでした。

調べてみますと、LDLコレステロールは加齢とともに増えるということ。これは細胞膜の強化や免疫力の低下を補うためらしく、現在の健康診断の基準では、年齢による基準値の変化がないので、高齢になるほど脂質異常症が多いことになってしまうそうです。つまり、身体が年齢に応じて必要なものであれば、あまり不安に思う必要もない、ということも言えます。

しかし、その一方で高脂血症を放置しておきますと、動脈の内壁にコレステロールが沈着していき、動脈の弾力性が減少して硬くなったり、動脈の内腔が狭くなり血液が通りにくくなるという障害がでてきます。その結果、動脈硬化や心筋梗塞といった危険な状態の原因にもなりますので、ケアは必要です。

そこで、私は昨年より、週に3回程度、約1時間位歩くようにしています。私は職場と自宅が約5kmの距離にありますので、週に3回程度、歩いて帰るだけです。距離の調整が必要な場合には、途中下車しても良いかもしれません。

これが実に簡単でして、まず結果からお伝えしますと、これを1年続けていたら、健康診断の結果はAに改善されました。その上、徒歩帰宅の良いところは、季節に応じて景色が楽しめるということ。お花見の季節は桜の樹の下を通り、夏は涼し気な川沿いを歩き、秋には月がキレイに見える丘を通り・・・などたまにコースを変えて楽しんでいます。

身体に良いことでしかも楽しめる、一石二鳥なんです。

スポーツジムに行くのも良いのですが、毎日のちょっとしたことで生活改善してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加