ふくらはぎ健康法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私、最近、自分のふくらはぎが硬いことに気が付きまして・・・どうにかしてこれを柔らかくしようかと、いろいろと調べていましたら、やはり、ふくらはぎのケアは健康に必要なことを再確認しました。

簡単に言ってしまえば、健康管理の一番の秘訣は血液の流れを円滑に保つことなのです。その鍵を握っているのが、足の「ふくらはぎ」なんだそうです。私のように硬くなってしまったふくらはぎの筋肉をマッサージすると、血液の流れがスムーズになり、全身のあらゆる組織が活性化して健康維持に役立つというわけです。
よく、ふくらはぎは第2の心臓とかって言われていますが、これがその理由なんですね。


・健康状態はふくらはぎに現れる
健康な人のふくらはぎは、つきたてのお餅のように温かくて柔らかいそうです。(私とは大違い!) 柔らかくなく、ふくらはぎが、パンパンに硬かったり、内部に芯のようなしこりがあったり、ひんやりとして冷たかったりしていると、どこか健康状態が悪いことも考えられるようです。

・良いふくらはぎ(健康状態が良好な場合)
①適度に体温が感じられる
②柔らかくて弾力性がある
③皮膚に張りがあり、押さえて気持ちが良い
④コリコリした塊が無く、中まで柔らかい
⑤指を離すと同時に、元の状態に戻る

では、このような良好な状態を目指すための、ふくらはぎのマッサージ方法をここでも紹介したいと思います。やり方は簡単です。

1 .血液を心臓に戻すつもりで、必ずアキレス腱からひざ裏に向かってもみます。

2. マッサージの際には、指で押しながら、その時、おなかをへこませて息を吐き(腹式呼吸)、指の力を抜きながら、息を吸います。

3.「ちょっと痛いけど気持ちいい」くらいの強さでもみます。ふくらはぎがかたい人は「さするだけ」から始めて、無理せず進めましょう。

どうですか、みなさんも足元から健康になってみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加